特産品詳細

つるばあちゃんまんじゅう

昭和30年頃、老舗の中華料理店で餃子の作り方を習ったつるばあちゃんは、事あるごとに、自慢のギョーザを作っていたそうです。しかし、ある日具を作りすぎ、もったいないので万十にして朝市で売ったのが「ギョーザまんじゅう」の始まりです。
「旬のものを一番おいしい時期に食べてほしいの。しかも地元の安心で安全なものが健康にもいい」と藤井さん。おいしい餃子に欠かせない旨味のある豚肉は田代養豚場、風味の高いごま油は東製油所と、素材も地元玉名にこだわります。だからこそ、ギョーザまんじゅうは、白菜が一番おいしい冬の時期のみの限定商品。しっとりとほのかに甘い皮のどこから食べても、シャキシャキ野菜がたっぷりです。
「お万十にすると野菜嫌いの子どもも喜んで食べてくれるのよ」と、優しい親心もギュッと詰まったギョーザまんじゅうは、1日100個以上売れる、昭和の時代から変わらぬベストセラーです。

所在地 〒865-0023 熊本県玉名市大倉1733
お問合せ 0968-74-4655

広 告